花粉症の種類

2018-06-05 未分類

花粉症と言うとスギ花粉が有名ですが、花粉は年中飛んでいます。春はスギ以外にヒノキ、夏になるとイネやシラカンバ、秋はブタクサにヨモギ、冬になると再びスギと、一年中花粉症の原因になりそうな植物が生えています。スギの花粉とヒノキの花粉はアレルゲンの構造が似ており、スギ花粉に反応する人の多くは、ヒノキの花粉にも反応するといわれています。

クリニックを受診すると、内科で花粉症の検査をしてもらえます。どの植物にふれると花粉症の症状が出るのかを、検査により診断します。ヨモギが原因の場合などは、症状が出るのは秋だけなので、ほかの季節に症状が出た場合などは、花粉以外に原因があるということになるでしょう。

果物などの食べ物でも、花粉症と同様の症状が出ることがあるようです。花粉症と果物アレルギーには、関連性があります。リンゴや桃などを食べて、唇やのどなどにかゆみやはれなどを感じたことはないでしょうか。カバノキ科の植物に対してアレルゲンを持つ人は、リンゴや桃を食べることでも同様の症状が出ます。リンゴや桃以外に、トマトやニンジンなどの野菜でも、同じような症状が出ることもあります。クリニックの花粉症検査で、ほかの食べ物との関連性も調べることができます。

アレルギー疾患

2018-06-02 未分類

マスク花粉症は、アレルギー疾患の一種です。一口にアレルギー疾患と言っても、花粉症以外にハウスダストや犬や猫などの動物の毛でも起こります。クリニックの内科で、こうしたアレルギー疾患の検査を受けることができます。アレルギー疾患の検査をすれば、自分がどんなものにアレルギー疾患の原因となる「アレルゲン」を持っているかがわかります。アレルギー疾患の原因が特定できれば、それを避けることでアレルギーにかかるのを防ぐことができるでしょう。

クリニックは、アレルゲンを特定するために「IgE検査」を行います。内科でIgE検査を行うことで、ハウスダストやダニ、食品に花粉など何がアレルギー疾患の原因となっているかがわかります。動物や昆虫などが原因で、アレルギーを起こしている場合もあります。花粉症だと思っていたら、ほかのものが原因だったというケースも考えられます。

アレルギー検査の結果は、クリニックの次回の診療日に医師から説明されます。アレルギー疾患にはレベルがあり、重症の場合は強いアレルギー反応が出ますが、軽度だと症状は軽くなります。花粉症以外にも、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が出ている方は、アレルギーの検査を受けることをおすすめします。

クリニックの内科診療

2018-06-01 未分類

クリニックの内科で、アレルギー疾患の原因について検査で調べることができます。アレルギー疾患は、花粉や食べ物、カビやダニなどが原因となって起こります。クリニックでアレルギーの検査をすることで、原因となるアレルゲンを特定できます。原因がひとつだけでなく、花粉以外にほかのものが原因となってる場合もあるようです。

薬

アレルギー疾患の中でも、花粉症にかかる人が増えています。花粉症は、体内に花粉が入ると、それを排除しようとする免疫反応により起こります。おもな症状として、鼻水または鼻づまり、くしゃみなどの症状が出ます。空中を浮遊しているスギやヒノキなどの植物の花粉が鼻の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られます。その後、再び花粉が体内に侵入したときに、ヒスタミンなどのアレルギーの誘発物質が放出されて、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応を起こします。

クリニックの内科を受診して花粉症ということがわかれば、抗ヒスタミン薬やステロイド薬など症状をおさえる薬が処方されます。内科で渡された薬を処方する以外に、花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、衣類を洗濯する際に花粉が飛んでいる室外で干さないなどの対策が必要になります。花粉症の原因が、スギ花粉によるものであることがわかれば、スギ花粉が飛んでいる時期だけ対策をすればよいのです。また、食物アレルギーの場合は、原因となる食べ物を口にしなければ、アレルギーの症状をおさえることができるでしょう。