アレルギー疾患

2018-06-02 未分類

マスク花粉症は、アレルギー疾患の一種です。一口にアレルギー疾患と言っても、花粉症以外にハウスダストや犬や猫などの動物の毛でも起こります。クリニックの内科で、こうしたアレルギー疾患の検査を受けることができます。アレルギー疾患の検査をすれば、自分がどんなものにアレルギー疾患の原因となる「アレルゲン」を持っているかがわかります。アレルギー疾患の原因が特定できれば、それを避けることでアレルギーにかかるのを防ぐことができるでしょう。

クリニックは、アレルゲンを特定するために「IgE検査」を行います。内科でIgE検査を行うことで、ハウスダストやダニ、食品に花粉など何がアレルギー疾患の原因となっているかがわかります。動物や昆虫などが原因で、アレルギーを起こしている場合もあります。花粉症だと思っていたら、ほかのものが原因だったというケースも考えられます。

アレルギー検査の結果は、クリニックの次回の診療日に医師から説明されます。アレルギー疾患にはレベルがあり、重症の場合は強いアレルギー反応が出ますが、軽度だと症状は軽くなります。花粉症以外にも、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が出ている方は、アレルギーの検査を受けることをおすすめします。